プラセンタは天然の精神安定剤

仕事や家事のストレス、生理周期の影響で精神が不安定になってしまう女性は少なくありません。いつもなら何とも思わないことでも、イライラしたり急に怒りっぽくなったりしてしまうのは誰にでもあること。

これらの症状は神経ホルモンのバランスが崩れることが原因ですが、プラセンタを服用することでホルモンバランスを整え、精神状態を安定させることが可能です。

プラセンタに含まれるさまざまな栄養素

プラセンタは、哺乳動物の骨盤から採取されるエキスです。骨盤は、母体から胎児に十分な栄養を与えるための通り道となるため、成長に欠かせない栄養分が豊富に詰まっています。

プラセンタには、ヒトの体を形成するアミノ酸やタンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル、遺伝子の修復をおこなう核酸などのほかに、いつまでも若々しくいるために必要な成長因子までも含んでいます。

そしてこの成長因子こそが心の健康を保つためにもとても重要な役割を果たしているのです。

ストレスやイライラに打ち勝つ成長因子

成長因子とは、細胞の増殖や分裂を促す要素です。私たちの体にはさまざまな成長因子が存在していて、体中の細胞はこれにより日々代謝を繰り返しています。

ところが、この成長因子は加齢などにより作られにくくなり、思春期をピークに30代から一気に減少をしていきます。成人になると身長が伸びなくなるのも成長因子の分泌量が関係しているのです。

プラセンタには特定の成長因子成分が含まれていますが、脳神経細胞の成長因子ももれなく配合されています。憂鬱な気持ちやイライラは、セロトニンなどのホルモンバランスが乱れていることが原因ですが、プラセンタを摂取することで、脳細胞を活性化してホルモン分泌のバランスを良くするため、精神の不安定などが解消されるのです。

実際に、現在では、うつ病や自立神経失調症、ストレス性の過食症などの治療にプラセンタを処方する病院も増えています。プラセンタは天然なので、副作用などもなく安心して服用できますが、その効果は高く、今後ますます精神疾患などの治療に用いられると注目をされています。