痩せたい人にはプラセンタが良い理由

プラセンタにはさまざまな栄養分が豊富に含まれていますが、なかでもダイエットと関わりがあるのが成長因子です。

成長因子とは、本来私たちにも備わっている機能で、細胞の分裂や増殖などを促進する役割があります。

これにより細胞は活性をして常に新しい細胞を生み出すことになります。細胞が活性をしている体内では代謝も良く、体内の毒素や脂肪などがスムーズに排出されるので、痩せやすい体質です。

つまり、成長因子が充分な体は何もしなくても痩せられるということになります。成長因子の種類はいくつかあり、そのなかでも特に、肝細胞増殖因子と神経細胞増殖因子がダイエット効果を高めるために必要なものとして認識されています。

肝細胞増殖因子と神経細胞増殖因子とは

肝細胞増殖因子とは、字の通り肝臓の細胞を増殖して活性させる因子です。肝臓では、さまざまな毒素や老廃物の分解がおこなわれていますが、肝機能が低下をしてしまうと、分解能力が落ちてしまい毒素がいつまでも体内に残ってしまいます。

余計な毒素が溜まった体内ではそのほかの排出機能も低下をするため、本来排出されるべき脂肪などが体に残り体重増加の原因になってしまうのです。また神経細胞増殖因子は、神経細胞を増殖させ活性化させる作用があります。

これにより自立神経やホルモンバランスが良好な状態になります。自律神経などはダイエットにとってとても大切な器官で、これらの機能が低下をすると、落ち込みやすくなったりイライラしたりして、食欲の増加にもつながります。

これによりダイエットの失敗に陥ることになりますが、神経細胞が活性することで、ストレスなどによる食べ過ぎを防ぐため、効率よくダイエットができるというわけです。

これらの成長因子は本来、体内でも合成をしますが、年齢を重ねるごとに減少をたどる一方となり、成人を過ぎてからの肥満は、成長因子の減少が原因とも言われています。

このため、ダイエットに有益な成長因子を体内で合成するプラセンタは、健康的に痩せやすい体を作る成分として、痩せたいと願う多くのかたに支持をされているのです。