プラセンタは脳の司令塔

生理不順や不妊症は女性ホルモンの分泌バランスの乱れが主な原因です。

女性の場合、生理周期によって2つのホルモン、エストロゲンとプロゲストロンが分泌をすることで、赤ちゃんができる体を作っています。

エストロゲンは卵胞ホルモンともいわれるもので、排卵期に盛んに分泌されるホルモンです。

一方のプロゲストロンは、生理前の黄体期に盛んに分泌になります。

この2つのホルモン分泌がそれぞれ正常な場合には、生理周期が順調になりますが、バランスが崩れて片方のホルモンが出なかったりすることで生理不順や不妊症の原因になってしまうのです。

プラセンタこそホルモンバランスの司令塔

プラセンタは体にとって大切な栄養素が豊富に含まれる成分として知られていますが、ホルモンバランスを整えるためにも有効な成分が含まれています。

さきに挙げた2つのホルモンを始め、体には、さまざまなホルモンが存在します。これらがすべてしっかりと分泌されることが、健康な体を維持するうえで重要になりますが、ストレスや不規則な生活、喫煙や飲酒、運動不足や無理なダイエットなどによって、ホルモンのバランスはすぐに乱れてしまいます。

そうなると、体は老化しやすくまた生理不順や不妊症などにつながってしまうのです。プラセンタには、脳が指令するホルモン分泌を調整する作用があり、体にとって負担になるホルモンを軽減し、有益なホルモンがたくさん分泌されるように導いてくれるのです。

これにより、女性ホルモンの分泌自体も正常になり、生理周期が規則正しくなることで、不妊症の改善にもつながるのです。

生理不順の元凶ストレスも改善

プラセンタには精神を安定させる、抗ストレス作用も認められています。生理不順などは、日頃のストレスが重なることで生じることもあり、女性によってストレスは大きな問題です。

プラセンタを摂ることで、ストレスなども軽減されるため、イライラなども少なくなり、生理周期も安定します。また、生理前などに、精神が不安定になる女性は多くいますが、そんなときにもプラセンタを摂ることで、生理前症候群などの症状の軽減につながります。