二日酔い防止にアミノ酸

少し暗めの居酒屋つい飲み過ぎてしまうとやって来る二日酔い。頭痛や吐き気、胃のもたれなど不快な症状が残ってしまい、人によっては会社を休んでしまうなんてことも。

そもそもなぜアルコールを飲み過ぎると二日酔いになるのか?これは肝機能のオーバーワークが原因です。アルコールが肝臓に運ばれると、アセトアルデヒドという代謝物質を作ります。

この代謝物質は適量範囲内のアルコール量の場合にはすぐに分解されますが、適量を超えたアルコール量を摂取した場合には、アセトアルデヒドの毒性が体内に残り不快な症状となって表れるのです。

もちろん時間とともに、少しずつアセトアルデヒドの毒素も分解をされるので二日酔いは長くは続きません。

二日酔い防止に有益なアミノ酸

二日酔いに効くと言われる健康食品などはたくさんありますがなかでもアミノ酸は優れた効果を発揮することで知られています。

とくにアミノ酸のなかでもアラニン・グルタミン・アルギニンの3つは肝臓の解毒作用を高くする性質があり、二日酔いの原因アセトアルデヒドの代謝を促します。

このため飲酒の前に補給すると二日酔いの防止になるのです。また、二日酔いになってしまったあとにも有効で、肝機能を高めて素早い回復にもつながります。

このほか、人によっては、アルコールを飲んでからの睡眠は途中覚醒をしてしまいやすくなりますが、アラニンは深い眠りを誘うトリプトファン(脳内物質)の代謝を促進する作用もあることから、アルコールによる途中覚醒の予防にもなります。

その他の二日酔い対策いろいろ
http://xooxt.com/futuka.html

アミノ酸を多く含む食品

アラニンが多く含まれる食品には、しじみやあさり、海苔などです。グルタミンが豊富な食品は、大豆や昆布、チーズなど、アルギニンが多く含まれる食品には、鶏肉やまぐろ、アーモンドなどがあります。

お酒を飲むときにはこういったものをおつまみにすると良いでしょう。合わせて、アミノ酸のサプリメントなどを飲酒の前に服用すると二日酔いや肝臓への負担を軽減できます。